インスタ映えするポーカー写真を撮るコツ

ポーカーの写真を撮るのは簡単なようで難しいです。それにもかかわらず、インターネット上には美しいポーカーの写真が多く存在します。PokerListingsは10年以上にわたって世界中のポーカーイベントを撮影し続け、何十万枚もの写真を撮ってきました。この記事では、写真を初めて撮影する人に向けて、インスタ映えするような写真を撮るコツをご紹介します。また、初心者の方々のために理想的な撮影機材についてもご説明します。

  1. 照明の重要性

ポーカーの写真家にとって、暗い場所での撮影を行うことは日常的です。その理由は二つあり、一つ目はポーカールームの中には照明が十分に設置されていないことがあります。2つ目は、ポーカーイベント中はフラッシュが禁止されていることです。そのため、カメラのISO感度を上げ、開放F値が2.8以下のレンズを使用するのが理想的です。

ポーカールームでの撮影方法

ここでは、皆様がメディア資格を持っていると仮定します。そうでない場合、ポーカールームでは、レールの向こうに行くことができずプレイヤーに近づいて撮影することは困難です。ポーカールームの環境は世界各国によって大きく異なります。照明が明るく魅力的な場所もあれば、照明が弱く、まるで地下室のような場所もあります。

もし、会場にテレビ台が設置されていれば、それを有効活用し写真を撮ってみてください。プロ級の照明とドラマチックな背景で、素敵な写真が撮れること間違いなしです。

ポーカーを撮影するためにどのようなカメラを購入すべきか?

ポーカーの撮影機材を購入する場合、いくつかの方法があります。スマートフォンのカメラで撮影することは可能ですが、特にテーブルの近くにいる場合はお勧めできません。スマートフォンの代わりに、純正のレンズを交換できるデジタル一眼レフカメラを用意すると良いでしょう。標準的なデジタル一眼レフカメラとミラーレスの2つの主要な選択肢があります。

ポーカーの撮影にはレンズが欠かせない

どのカメラを選んでも、低照度下での撮影のために良いレンズが必要になります。F値が小さいほど開放F値が大きいレンズとなります。2.8以下をおすすめします。

焦点距離に関しては、24mmや50mmのような短い焦点距離は、部屋全体を一度に写すことができるという利点があり、70-200mmのような長いズームは、クローズアップを撮影することができるという利点があります。